目指すは「全員分析経営」 クイーンズ伊勢丹の店舗改革

(1/4ページ)
2016/4/4 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他
 首都圏で約20店舗を展開する高級スーパー「クイーンズ伊勢丹」が、勘と経験ではなく、徹底したデータ分析による店舗改革に乗り出している。運営する三越伊勢丹フードサービスと、三越伊勢丹ホールディングス(HD)グループのシステム子会社が、タッグを組む。そこには、店舗改革の仮説や切り口を立てられる人材を育成する狙いもある。三越伊勢丹HDグループの旗艦店「伊勢丹新宿本店」には、現場の全員がデータに基づく意思…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]