/

この記事は会員限定です

電力自由化の盲点 再生エネルギー送れぬ送電網

[有料会員限定]
 4月から始まった電力小売りの完全自由化で、割安の電気料金をうたったプランの公表が相次いでいる。その一方で、当初普及が見込まれた再生可能エネルギーの存在感は乏しい。背景には前近代的な送電網の技術的な問題があり、再生エネでまちおこしを目指す地方自治体にとっても逆風が吹いている。

瀬戸内海に浮かぶ淡路島。人口約14万人の島ではエネルギーの自立を目指した取り組みが進む。「あわじ環境未来島構想」と名付けた...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3985文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません