/

この記事は会員限定です

移民ノミクス始まる 外国人を生かす「3本の矢」

[有料会員限定]
日経ビジネス
中小から大手まで、新たに加わった外国人社員が企業の姿を変えている。海外市場を切り開く、組織を活性化する、世界に通用する事業を作る、という3本の矢がそのカギとなる。共通するのは外国人を「労働力」と見なすのではなく、変革の契機にしたいという思いだ。戦略的に外国人を受け入れ、多様性を新たな力とする「移民(イミ)ノミクス」が始まっている。

3本の矢(1):市場を切り開く

本社で働く社員の約3割が外国人で、国籍は約30にも及ぶ。ケニアにタ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り5708文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン