スポーツ > Go20 > 駆ける魂 > 記事

駆ける魂

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

ロンドン五輪「銀」に結実 アーチェリー・古川高晴(中)

2016/4/11 12:00
情報元
日本経済新聞 電子版
共有
保存
その他

 古川高晴を指導してきた恩師たちに教え子の性格を聞くと、総じて「負けず嫌い」という答えが返ってくる。青森東高で顧問だった手塚義浩(現五所川原高定時制教頭)によれば、アーチェリーを始めて半年後の新人戦で優勝したものの、女子の同級生より合計点が低くて相当悔しがっていたとか。2年生で県内敵なし。3年生で国体優勝。負けん気からくる向上心がいつも練習へとかき立てた。

金清泰との出会い、大きく

 今もそれは変わ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップスポーツトップ

関連キーワードで検索

山田秀明古川高晴アーチェリー金清泰

駆ける魂 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

大きく前に足を踏み出して肩を回すフォームから最速110キロの球を投げる

 投げては10勝、打っては3割2分2厘、22本塁打。日本ハム・大谷翔平の“二刀流”が話題をさらった2016年、実はソフトボールでも投打で大活躍した選手がいた。 …続き (10/8)

打者と投手でうまく気持ちを切り替えられるようになったのはここ最近という

 「自分の中では投手としての思いしかない。(熱量の)割合でいったら10対0。バッティングをやらなくていいなら、やりたくない」。投打二刀流としての周囲の期待をよそに、藤田倭本人の志は一貫している。「本業 …続き (10/8)

塁に走者をためた場面では、つなぐバッティングに徹するようになった

 納得できない、気に入らないことがあれば感情をむき出しにする。チームメートやスタッフとも衝突し、怒りやイライラがプレーにも表れる。少し前までの藤田倭は良く言えば人間味のある、悪く言えばわがままで抑制の …続き (10/8)

ハイライト・スポーツ

[PR]