/

この記事は会員限定です

勢力増す円高転換派、「円安の時代」は終わったのか

編集委員 田村正之

[有料会員限定]

日本株のカギを握る為替相場。先週は円安に動いたが、「年度末の円安は過去も恒例の一時的な現象」と冷めた声が聞こえる。一方で為替アナリストの間で、相次ぐのが相場予測の円高方向への修正。「ここ数年の円安トレンドはもう終わった」という「円高転換派」が勢力を増している。その場合、新年度の日本株は向かい風を受けながらの展開となる。

まずは短期の話から。「4月の新年度入り後、しばらくは再び円高傾向になりやすいの...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2350文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン