/

この記事は会員限定です

自動運転タクシー、初の住民参加実験で見えた課題

[有料会員限定]
 ディー・エヌ・エー(DeNA)は神奈川県藤沢市の公道で実施した自動運転タクシーの実証実験の結果を公表した。延べ51人の住民がモニターとして利用。アンケートでは「ハンドルを離しているとは気付かなかった」「歴史的一歩に自分も参加できた」と評価する声が多かった。事故や目立つトラブルもなかった。自動運転に対する漠然とした恐怖感を払拭し、住民に受け入れてもらうという当初の目標は達成したが、次の実験に向けた課題も浮かび上がった。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1586文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン