裏千家のカナダ人先生 わが道は「SADO」にあり

2016/3/26 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

外国人、筋骨隆々、スキンヘッド……。格闘家にしか見えない男の仕事が「茶道の先生」というから驚きだ。しかも最大流派、裏千家の教授資格まで持つ。「日本の文化は世界の宝物」。カナダ人のランディー・チャネル宗栄は千年の都、京都で和の心を説き続ける。

京都で最大のアーケードを持つ三条会商店街(京都市)の喫茶店「らん布袋(ほてい)」。2月中旬の平日夜、2階の小さな和室で茶道教室が開かれていた。教室はいすに座…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]