2018年1月18日(木)

1/18 17:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: 株、2万4000円を一時上回る 市場関係者の見方[有料会員限定]
  2. 2位: 東証14時 下げに転じる、短期的な上昇に警戒感
  3. 3位: 東証大引け 続落、国内勢が売り 一時2万4000円台まで上昇も
  4. 4位: ミセス・ワタナベ 日銀発の円高に歯止め[有料会員限定]
  5. 5位: 日経平均大引け 続落 高値警戒で利益確定売り[有料会員限定]
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 7,095,827億円
  • 東証2部 105,767億円
  • ジャスダック 120,224億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.47倍 --
株価収益率19.26倍17.52倍
株式益回り5.18%5.70%
配当利回り1.37% 1.45%
株式市場データ

最新の市場情報

※営業日はリアル更新
日経平均株価(円) 23,763.37 -104.97
日経平均先物(円)
大取,18/03月
23,770 -50

[PR]

スクランブル・フラッシュ

フォローする

株再び1万7000円割れ、閑散相場でつかめぬ一手
証券部 小森谷有生

2016/3/24 16:42
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 24日の日経平均株価は前日比108円(0.6%)安の1万6892円で取引を終え、再び1万7000円を割り込んだ。朝方に欧米株安や原油安を受け156円安まで下げた後、一時は40円高まで切り返すなど、底堅さも見せたが、一言でいえばパッとしない相場付きだった。個人投資家が中小型株を売り買いするのが目立つ程度で、商いは全般に低調だった。閑散相場を前に材料も乏しく、投資家は次の一手をつかみかねている。

 「…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

日経電子版が2月末まで無料!初割のお申し込みは1月31日まで!

電子版トップマーケットトップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

スクランブル・フラッシュ 一覧

フォローする

新着記事一覧

読まれたコラム