2019年6月18日(火)

男子ツアーの人気復活、まずは「ありがとう」から
ゴルフジャーナリスト 地平達郎

(1/2ページ)
2016/3/22 6:30
保存
共有
印刷
その他

日本ゴルフツアー機構(JGTO)の新会長に、プロゴルファーの青木功(73)が就任した。ついに登場の感がする。

といっても、このJGTOという団体がどのような活動をしているのかを、はっきりとわかっている人は少ないだろう。簡単にいえば、国内男子プロゴルフトーナメントの管理、運営である。

よく似た組織に、日本プロゴルフ協会(PGA)がある。こちらは約5000人のプロゴルファーを会員に持つ組織で、主にトーナメントプレーヤー部門とティーチングプロ部門で活動しているが、日本プロ選手権を主催するとともに、男子シニアツアーも管理、運営している。JGTOとかぶる部分があって、ちょっとややこしい。

かつてはプロゴルファー部門もトーナメント部門も両方をPGAが管理していたが、1999年にツアートーナメント部門がJGTOとして独立したという経緯があり、兄弟のようで、ライバルのような、微妙な関係といえる。

「もう断れない。やるしかない」と決意を述べる青木会長

「もう断れない。やるしかない」と決意を述べる青木会長

青木会長に託されたツアー立て直し

そのJGTOのトップに青木が推された。理事でプロゴルファーの横田真一は「以前から青木さんにお願いしていて、今回、やっと引き受けてもらえてうれしい」と口にした。

なぜ今、青木会長なのか? その最大の理由は、男子ツアーの立て直しである。

国内女子ツアーはすでに3月3日からのダイキン・オーキッド・レディースで開幕。11月末までの39週中たった1週を除いて38試合が行われる超過密スケジュールなのに対し、男子ツアーは4月14日からの東建ホームメイト・カップが事実上の開幕戦で、年間わずか24試合(海外の試合を含まず)。青木、尾崎将司、中嶋常幸らがギャラリーを呼び寄せ、今の女子ツアーと同じ状況だったかつての隆盛ぶりとは雲泥の差であり、まさに危機的な状況である。

会長就任の席で、青木はこう語っている。

「今の選手たちは、『自分がやらなきゃ』という気持ちはあっても、それが口に出ないし、行動につながっていないように思う。そこを変えたい。きついことを言うかもしれないけれど、『自分たちのためなんだよ』と言い続けたい。自分が経験してきたことを若い人たちに伝えていけば、意識が変わると思う。それにかけてみたい。ゴルフ界へのお礼のつもりで、精いっぱいの恩返しをしたい」

今回、JGTOは、新たな理念「人を育む」を作成し、「プレーヤーである前に、人として人の模範となるべし」を掲げた。つまり、人間形成、人格形成が必要なことを口にしたことになる。逆にいえば、それができていなかったということだろう。

  • 1
  • 2
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

ゴルフコラム

スコアアップヘ

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報