2019年4月21日(日)

美走・快走・楽走

フォローする

ペースランナー、目標タイムに導く「技あり」の走り
ランニングインストラクター 斉藤太郎

(1/3ページ)
2016/3/22 6:30
保存
共有
印刷
その他

3月27日に私たちの地元、千葉県佐倉市で「佐倉朝日健康マラソン」が開催されます。毎年、ニッポンランナーズで公式ペースランナーを務めさせていただいています。今回は2時間50分から5時間30分まで12の設定、33人でサポートさせていただく予定です。

この大会以外にも、「ちばアクアラインマラソン」や「館山若潮マラソン」などで大会が公式に用意するペースランナー(ペースセッターとも呼ぶ)をこれまで務めさせていただきました。ペースランナーは設定タイムを掲げ、参加ランナーがその記録をクリアしてフィニッシュできるように導く役割を果たします。

1つの大会で設定タイムごとに多くのペースランナーが出場選手をサポートする

1つの大会で設定タイムごとに多くのペースランナーが出場選手をサポートする

通常は「0分」「30分」など区切りの良いタイムのクリアを目指す方をサポートします。中でも3時間0分、3時間30分、4時間0分あたりの区切りの良いタイムは、それぞれ「サブ3」「サブ3.5」「サブ4」などと称され、多くの市民ランナーの憧れとなっています。

東京マラソンをはじめとして、最近では規模にかかわらず多くのマラソン大会でペースランナーが公式に用意されていて、参加者にも事前に告知がされているようです。目標タイムのクリアのために利用された経験のある方もいることと思います。今回はペースランナーの内情を紹介させていただきます。

ペース配分

設定タイムをクリアしてフィニッシュすることが第一の使命となりますが、定規で直線を引いたようなラップで走ることが必ずしも理想のペース配分とは言い切れません。

地形、風向き、エイドなどコースの特色を予習します。特に上り坂でのペース低下は避けられません。コースの地形に柔軟に対応した配分を考えます。タイムを稼げるところ、ある程度落ちても仕方のない区間と、メリハリを考えた上で作戦を練っています。

参考までに、ニッポンランナーズ理事長の金哲彦に聞いた話として、メジャー大会や五輪選考レースの例を紹介します。

あらかじめ大会事務局側が、ペースランナーの引っ張る30キロまでの設定ペースを公表します。

以下、最近行われた大会の設定ペースです。

・びわ湖毎日(6日)=1キロを2分58秒から3分0秒

・名古屋ウィメンズ(13日)=5キロを16分55秒から17分0秒

わずか数秒の差、ものすごく精密(今ふうにいうとリアル)な設定です。それもそのはず、平均ペースは100メートルが男子は18秒、女子は20秒、1秒間に進む距離は男子5.5メートル、女子は5メートルという次元でレースが進むからです。

アクアラインマラソンで、とんがり帽子をつけて走った筆者

アクアラインマラソンで、とんがり帽子をつけて走った筆者

ペースランナーは参加者とは完全に区別されていて、ナンバーではなく「PACE」というカードをつけています。基本的に3~4人が配置されていて、「スタート~15キロ・中間地点前後まで」の前半担当、「スタート~30キロまで」の後半担当の2段階で編成されることが多いようです。

まず、前半担当が引っ張り、15キロか中間地点で任務を終えると、それまで後方でエネルギーを蓄えていた後半担当が代わって30キロまでを先導します。

どんなランナーが担当するかというと、前半はそこまで距離が長くないので、フルマラソンの経験はなくともトラックの1万メートルなどである程度のタイムを持つランナーが多いようです。

後半担当は、30キロまで風の抵抗を受けながら最前列を走ります。かなりの走力を有していないとできない任務です。持ちタイムが2時間6分台の選手がつくこともあるようです。「そんな持ちタイムならば、いっそ出場すれば……」と思うかもしれませんが、出場者だと賞金が得られない可能性があるのに対し、ペースランナーは確実に報酬が手に入ることも背景にあるそうです。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 次へ

春割実施中!無料期間中の解約OK!
日経電子版が5月末まで無料!

保存
共有
印刷
その他

コラム「ランナー集まれ」

コラム「ワイルドレース戦記」

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップスポーツトップ

美走・快走・楽走 一覧

フォローする
バランスの崩れた姿勢で走ると、膝や腰を痛める原因になる

 9月15日に開催されるマラソングランドチャンピオンシップ(MGC)とその先の東京五輪に向けて、男女マラソン界が盛り上がっています。NHKの大河ドラマ「いだてん」からも刺激を受けて走り始めようとする方 …続き (3/31)

レースに頻繁に出る場合は、練習レースを重ねながら本命のレースでピークを迎えられるように仕上げる

 心機一転という気持ちで新しい年をスタートされたランナーが多いことと思います。昨年11月末あたりの大きな目標レースを経て、この1月には2本目、中には3本目のフルマラソンを予定されている方が多いのではな …続き (1/15)

(写真1)股関節が「>」のラインをつくり、前方への速やかな移動につながっている

 今回は「股関節の折りたたみとランニングの効率」というテーマでお話しします。効率のいいフォームかそうでないかを見る尺度の一つに「股関節を屈曲できているかどうか」があります。ランニングに限らず、相撲の立 …続き (2018/12/22)

ハイライト・スポーツ

[PR]