/

この記事は会員限定です

「中国にも出遅れ」 ゲノム編集学会が反撃の砦に

代表に就任する山本卓広島大学教授に聞く

[有料会員限定]
 あらゆる生物の遺伝子を自由に操作する――。研究者が追い求めてきた理想をゲノム編集は実現可能とした。医療のほか植物や動物の品種改良まで、世界中でゲノム編集の研究が加速している。日本の研究をけん引してきた広島大学分子遺伝学研究室の山本卓教授は「このままでは海外に追いつけなくなる」と警告。4月に設立する新学会を砦(とりで)として、産学が協力して巻き返しに乗り出す。

――4月に日本ゲノム編集学会を立ち上げ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3743文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン