2018年11月14日(水)

元最高裁判事たちが再び論じる集団的自衛権
編集委員 清水真人

(1/3ページ)
2016/3/15 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

首相の安倍晋三は、集団的自衛権の限定的な行使容認を含む新安全保障法制を月内に施行する。このための憲法解釈の変更を巡る論争がなお尾を引く。今年に入っても複数の元最高裁判事が違憲説を問い直したり、合憲説を明言したりして、このレベルでも判断が分かれる実情が鮮明になってきた。政局は夏の衆参同日選挙含みだが、この問題を巡る風向きは読みづらい。

■違憲説に一石投じた行政法学重鎮の藤田氏

「仮に憲法学がなお法律…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報