2018年12月11日(火)

チャレンジ!パラスポーツ最前線

フォローする

帰ってきた「水の女王」 パラ競泳・成田がリオ切符

(1/2ページ)
2016/3/15 6:30
保存
共有
印刷
その他

6日に静岡県富士市の富士水泳場で行われた障害者(パラ)競泳の春季静岡水泳記録会。リオデジャネイロ・パラリンピックの代表選考会となった大会で、会場全体から大きな歓声を浴びたのは、かつての「水の女王」、成田真由美(45、横浜サクラ)だった。女子で唯一派遣標準記録を突破、北京パラリンピック以来8年ぶりの大舞台への復帰を決めた。

女子50メートル自由形でリオ・パラリンピックの派遣標準記録を切る好タイムを出し、ガッツポーズする成田=共同

女子50メートル自由形でリオ・パラリンピックの派遣標準記録を切る好タイムを出し、ガッツポーズする成田=共同

パラリンピックで金15などメダル20個

午後にあった50メートル自由形。成田が派遣標準記録を0.54秒上回る40秒90でゴールすると、会場全体から「オオッ」というようなどよめきが起き、続いて歓声と拍手の輪が広がった。成田は右手でガッツポーズ、続いて左手を大きく振って客席に応えた。女王の世界への帰還を高らかに宣言したかのようだった。

この日午前の1種目目、50メートル背泳ぎでは、派遣標準記録にわずか0.02秒及ばない49秒45。だが、これはアテネ・パラリンピックで出した自己ベスト(49秒54)を上回り、日本新記録だった。「100分の2秒届かなくて悔しかったけれど、自信にはなった」。自由形の方が得意なだけに「切り替えて、自由形はいけるという気持ちで泳いだ」ことが奏功した。

中学時代の病気で下半身まひの車いす生活となり、23歳で水泳を始めた。ところが初めて出場した水泳大会から帰る途中、車が居眠り運転の車に追突されて首を痛め、両手にも障害を負う。それでも水泳を続け、1996年のアトランタ・パラリンピックから2008年北京大会まで4大会連続出場。04年アテネ大会までに金メダル15個など合計20個のメダルを獲得し、「水の女王」の称号をほしいままにした。

だが北京大会では、障害の重さによって分かれるクラスが、それまでのS4から、現地で突然S5と変更された。より障害の軽い選手たちと競わねばならなくなったため、メダルゼロに終わる。大会後に肘や股関節の手術を繰り返したこともあり、選手は"卒業"。講演会などで各地を回る一方、20年東京大会組織委員会の理事など、社会的な役目も引き受けた。

心のバリアフリー化のためにも泳ぐ

「北京の後、復帰は正直考えていなかった」。しかし、組織委などの会合に出るうち、「自分としてパラリンピックを広めたかったし、たくさんの人にパラリンピックを知ってもらいたいという気持ちが強くなり、自然な流れで水の中に戻った」と話す。若手選手がなかなか出てこないことが気になり、自らの復帰が刺激となって、同じ車いすや視覚障害の若い人たちが競泳に挑戦してほしいとも思った。

14年11月に練習を再開。当初「リオは考えられなかった」という。だが、毎日1時間半、3000~4000メートルを泳ぐという、かつてより多い練習量をこなすうち、記録が伸びる。昨年出したタイムから、「世界と戦えるところにまだ自分はいるのかなと思い、少しずつリオが見えてきた」。

泳ぎ込めた自信の裏付けがあったからだろう、記録会当日は「全く不安がなかった。わくわくした」という。いつもは緊張して肩が回らないなどのトラブルに見舞われるのに、この日は背泳ぎの後、「お昼休みがあるなんて! もっと早く(自由形を)泳ぎたいと思った」と報道陣を笑わせた。

  • 1
  • 2
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

障害者スポーツコラム

五輪関連コラム

関連キーワード

電子版トップスポーツトップ

チャレンジ!パラスポーツ最前線 一覧

フォローする
MWCCで初優勝を果たした男子日本代表

 車いすバスケットボール男子日本代表が6月8~10日に武蔵野の森総合スポーツプラザ(東京・調布)で行われた国際大会「三菱電機ワールドチャレンジカップ(MWCC)」で初優勝を果たした。2016年リオデジ …続き (6/19)

合宿で練習する日本代表。日本でアイススレッジホッケーの灯を絶やさないためにも、平昌パラ出場は絶対条件だろう

 28日から北海道苫小牧市の白鳥王子アイスアリーナで、2018年平昌パラリンピック最終予選の出場権をかけたアイススレッジホッケーの世界選手権Bプール(2部に相当)が開催される。
 10年バンクーバー・パ …続き (2016/11/24)

女子で16連覇しているオランダの牙城を崩すには上地の活躍が欠かせない

 車いすテニスの国別対抗戦ワールドチームカップが23日から28日まで、東京都江東区の有明コロシアムと有明テニスの森公園で行われる。健常者テニスの国別対抗戦であるデビスカップ(男子)やフェドカップ(女子 …続き (2016/5/21)

ハイライト・スポーツ

[PR]