/

この記事は会員限定です

イワキポンプの藤中社長「化学用ポンプ、アジア需要を取り込む」

[有料会員限定]

化学薬品など特殊な液体の注入に使う「ケミカルポンプ」を手掛けるイワキポンプが18日、東証2部に上場する。藤中茂社長に事業内容と今後の展望を聞いた。

――事業内容を教えて下さい。

「硫酸や塩酸といった取り扱いの難しい液体を注入する装置に組み込むケミカルポンプを、プラント会社や装置メーカーに販売する。60種類、数万品目のポンプを取り扱っており、水の薬品処理や半導体製造、人工透析装置や内視鏡洗浄などに使...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り606文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン