/

この記事は会員限定です

トップ棋士に圧勝 「直感」身につけたグーグルAI

[有料会員限定]
 囲碁の世界でトップ級のプロ棋士である韓国の李世●(石の下に乙、イ・セドル)九段。対するは、米グーグル傘下のディープマインド(英国)が開発した囲碁の人工知能(AI)「アルファ碁」。両者の5局勝負は2016年3月9日、韓国ソウル市で始まった。アルファ碁は初戦に続き、第2局、第3局と連勝、李九段を制した。AIが勝利した要因は、人間以上の「直感力」を身につけていたからだ。これは、AI技術が新しいステージに移行したことを意味する。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1854文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン