/

医療・IT・旅が集結、沖縄「スポーツアイランド」の夢

日経テクノロジーオンライン

沖縄本島の東側に位置する人口12万人ほどの街に、スポーツビジネスの熱が注ぎ入れられつつある。本島の中部、金武湾に面したうるま市だ。12~13世紀に築城されたといわれる世界遺産の勝連城跡を抱える街である。

熱源の一つは、サッカー。2015年12月に、サッカー元日本代表の高原直泰氏がうるま市や隣町の金武町などを中心にした新サッカーチーム「沖縄SV(エス・ファウ)」(正式名称:沖縄Sport-Verein(シュポルト・フェァアイン)を立ち上げた。高原氏は、チームの代表兼監督兼選手と三足のわらじを履く。

埼玉県や沖縄県での選手のセレクションを経て、16年2月1日にチームが始動した。現在は、16人の選手が練習に汗を流している。まずは沖縄県3部リーグからスタートし、もちろん目指しているのはJリーグ入りである。同年3月24日には、4月に中学生になる未来の大器たちを対象にしたジュニアユースチームのセレクションをうるま市で開催するなど、活動は精力的だ。

高原氏は、シンポジウムで沖縄SVの選手たちを紹介。意気込みを語った

16年2月28日にうるま市役所で開催された「スポーツ産業イノベーションフォーラムinうるま市」(主催:内閣府沖縄総合事務局とうるま市・金武町企業立地促進協議会)のトークセッションに登壇した高原氏は、「住民票もうるま市に移して住んでいます」と明かした。まさに沖縄に骨を埋めるつもりで、という意気込みなのだ。

高原氏だけではなく、日本を代表するアスリートが今、自身の経験を伝えるスポーツビジネスの現場として沖縄に大きな関心を寄せている。

シンポジウムの昼休みには、沖縄SVの選手による子供を対象にしたサッカー教室も

例えば、元プロラグビー選手でトップリーグの三洋電機(現パナソニック)ワイルドナイツで活躍した福永昇三氏や、五輪で3連覇した柔道家の野村忠宏氏は、沖縄を拠点にしたスポーツアカデミーの設立を目指す企業「アスリートアイランド」を設立。16年春をメドに、まずは小学生を対象にしたスポーツアカデミーを始める計画だ。

シンポジウムのトークセッションに登壇した、元プロラグビー選手の福永氏(左)、柔道家の野村氏(中央)、元プロ野球選手の桧山氏(右)

アスリートの心を捉える理由

なぜ沖縄は、これほどまでにアスリートの心を捉えるのか。

それは、地域特有の「温かさ」にあると「スポーツ産業イノベーションフォーラム」に登壇したアスリートは口をそろえた。「『温暖な気候で、きれいな海がある』ということはいうまでもないこと」。アスリートアイランドの福永氏は、柔道家の野村氏や、阪神タイガースで活躍したプロ野球解説者の桧山進次郎氏とのトークセッションでこう切り出した。

現役時代に大きな手術を伴う度重なるケガに泣いた福永氏は、リハビリで訪れた沖縄で「精神面での高揚を感じた」と振り返る。病は気からではないが、同じリハビリでも環境によって回復スピードに大きな違いがあると実感した。リハビリだけではなく、「日々の練習でも良い環境でトレーニングすることでパフォーマンスを向上しやすくなる」という。沖縄にほれ込んだ福永氏は、12年にスポーツアカデミーの実現を目指して沖縄に移り住んだ。

野村氏も、膝のケガのリハビリで走り始める場所を選ぶ際に直感で「沖縄のビーチ」が頭に浮かんだと話す。若いころに全日本の合宿で訪れた金武町で「地域の人々のやさしい言葉や温暖な気候といった、日常と違う温かい雰囲気の空間に触れた」という記憶が残っていたからだ。それ以来、沖縄は野村氏のトレーニングの場だった。

桧山氏は「沖縄には子供のときに遊んでいた場所のようなホッとリラックスできる環境がある。まるで第二の故郷のようだ」と語る。現役時代のキャンプ中には、ときに練習やトレーニングで行き詰まりを感じることもあった。だが、「キャンプ地が沖縄に移ってからは、その感覚がなくなった」のだという。

うるま市で行われた「スポーツ産業イノベーションフォーラム」の様子

「沖縄に育ててもらったと思っている」と、野村氏は振り返る。「その恩返しとして、自分の柔道の経験を沖縄で伝えていくような活動をしたい」。その思いは、日本だけではなく海外も見据えている。今後、まだ柔道が発展途上にあるアジアの国々を巡り、世界トップを獲得した自分の技を伝える活動にも取り組みたいという。

アジアでの取り組みは、沖縄でのアスリートアイランドの活動にもつながると野村氏は考えている。「いずれは、アジアで触れ合った子供たちを沖縄に招いて合宿するようなことができるといい。アジアという観点で見ると、ほかの国から地理的に近い位置にある沖縄は、そうしたことを実現しやすい環境にある」

行政側はスポーツコンベンション推進

「暖かく、温かい土地柄」に魅せられてアスリートが集まり、恩返ししたいとまで思わせる沖縄。行政側も、スポーツによる地域振興に積極的な姿勢を見せている。プロ野球やJリーグのキャンプ誘致といったプロスポーツへの支援は象徴的な例の一つだ。

例えば、沖縄県では、「スポーツアイランド沖縄」と銘打った振興策に取り組んでいる。特に産業面で力を入れようとしている事業は、スポーツコンベンションの推進である。スポーツ合宿の誘致やスポーツツーリズムのモデル事業などの振興策を進めている。

シンポジウムであいさつした島尻沖縄・北方担当相

「スポーツ産業イノベーションフォーラム」には、島尻安伊子沖縄・北方担当相も姿を見せ、「沖縄経済の活性化には、沖縄らしい産業の創出が不可欠。スポーツ関連の取り組みは全力で応援していく」と期待を寄せた。

県内の市町村でも、スポーツビジネスを地域の活性化に生かそうという意欲は強い。フォーラムの共同主催者「うるま市・金武町企業立地促進協議会」を代表してあいさつしたうるま市の島袋俊夫市長は、「環金武湾地域では、広域の取り組みとしてスポーツを軸とした産業の創出を目指している」と意気込みを話した。

沖縄本島の東岸地域では環金武湾地域を中心に製造業やIT(情報技術)関連企業の誘致が本格化しているものの、本島の西岸地域に比べてリゾート開発は進んでいない。それだけに、次は観光などのサービス産業をスポーツで活性化したいという思いは強い。

スポーツコンベンションの受け入れ態勢で見た場合、沖縄はグラウンドやスタジアム、体育館といった施設インフラ面の充実度は高い。沖縄SVの高原氏も、環境の良さに驚いた一人。「素晴らしい環境がある。こんなにたくさん芝生のピッチがある環境はなかなかない」と話す。「正直なところ、県3部リーグからのスタートということで、砂や土のピッチでのプレーを覚悟していた。沖縄は選手にとってプレーしやすい環境で、運営側として練習の日程を考える上でも助かっている」

シンポジウムでは、スポーツ庁や沖縄県の関係省庁、経済人などがスポーツ産業について議論した

アスリートだけではなく、スポーツ医学の観点で充実したインフラ面に期待する声もある。今回のフォーラムで講演した、慶応義塾大学スポーツ医学総合センターの松本秀男教授は、沖縄に期待することとして「競技スペースや施設の確保」を挙げた。

慶大スポーツ医学総合センターの松本教授

スポーツ医学の分野ではアスリートのケガの予防やパフォーマンス向上のために、「選手の身体能力」「プレーの様子」などを測定することがある。本来は実際に選手がプレーする環境で測定したいが、現状では研究施設内などの限定された空間で取り組むことが多い。「沖縄は、実環境での測定を容易にできる可能性を秘めている。IT関連の環境が整えば、さらにうれしい」と、松本教授はみる。

今回のフォーラムで講演やモデレーターを務めた野村総合研究所経営コンサルティング部コンサルタントの石井宏司氏は、「スポーツビジネスには、時間産業の側面がある。実はスポーツだけでビジネスをするというよりも、ほかの産業との掛け合わせによって産業が広がっていく。スポーツを楽しむかけがえのない時間を過ごす中で、ITや宿泊、食、医療といった産業とのつながりを生み出しやすい」と分析する。

野村総合研究所の石井氏

未来を切り開く「非常識人」

では、スポーツとほかの産業との結び付きを広げるためにどうするか。フォーラムでは、ブランド総合研究所が調査に基づいて構成した提案を披露した。「スポーツ医学拠点の設置」「スポーツビジネス人材の育成・集積」に加え、スポーツ関連の大型見本市を中心にした「スポーツを核としたイノベーション」という3つのシナリオからなる。スポーツと、先端医療やITを掛け合わせた新しい産業を沖縄で生み出せるはずという提言だ。

もちろん、これらは提案ベースの話で、実現に動き出すための課題は多い。ただ、沖縄にはアジアの中心としての地理的な条件、「暖かく、温かい」という気候や文化的条件は既にそろっている。今後数年、日本やアジアでの開催が続く世界的スポーツイベントを追い風にできる可能性もある。

石井氏は講演で、スポーツの産業化を幻想に終わらせないためには、「未来を切り開く『非常識人』の登場が必要だ」と、フォーラムに参加した行政や企業の関係者に呼び掛けた。イノベーションは、これまでの常識の範疇(はんちゅう)からは生まれない。既定路線から外れた非常識な取り組みで道を切り開いていく人材が大切というわけだ。

夢を追い掛けて沖縄に移り住み、取り組みを始めたトップアスリートたちがいる。そして、アスリートや専門家が認める、この上なくスポーツビジネスに最適な環境がある。それらの熱源を「スポーツアイランド沖縄」実現に向けて、どう昇華させるか。夢物語に終わらせない取り組みが求められている。

(日経テクノロジーオンライン 高橋史忠)

[スポーツイノベーターズOnline 2016年3月9日付]

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン