/

この記事は会員限定です

天然ゴム急騰でも払拭されぬ下値不安

商品部 町田知宏

[有料会員限定]

東京商品取引所で9日午前、天然ゴムが急落して始まった。中心限月の期先物は寄りつき時に一時前日比7円安の1キロ170.5円まで急落。取引を一時停止するサーキットブレーカーも発動された。最大消費国、中国の財政出動による需要回復期待などを背景に3月に入ってわずか5営業日で30円近く上昇したが、前日以降は再び売り込まれるなど値動きが激しくなっている。

中国の需要回復期待に水を差したのは、8日発表の2月の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り994文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン