セブン&アイ・ホールディングスの村田紀敏社長「グループ全体で構造改革進める」 - 日本経済新聞
/

この記事は会員限定です

セブン&アイ・ホールディングスの村田紀敏社長「グループ全体で構造改革進める」

[有料会員限定]

セブン&アイ・ホールディングスは8日、傘下のイトーヨーカ堂とそごう・西武の店舗閉鎖など構造改革を発表した。2016年2月期に店舗閉鎖に関連して計55億円の特別損失を計上する。会見した村田紀敏社長は「時代の変化に対応し、グループ全体で構造改革を進める」と述べた。主なやりとりは以下の通り。

――このタイミングで店舗を閉鎖する理由はなんですか。株を保有しているとされる米投資ファンド、サードポイントから...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り427文字

春割ですべての記事が読み放題
有料会員が2カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません