神経信号も「可視化」 リコーが挑む医療、新機軸

(1/2ページ)
2016/4/6 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

リコーが、医療関連の新しい機器の研究開発を進めている。ナノテクノロジー関連の展示会「nano tech 2016」(2016年1月27~29日開催)では、生体磁気計測技術を用いた神経活動の検査装置や細胞組織をつくるバイオ3Dプリンターなどを出展した。「製品化や事業化の時期は未定」(同社)としながらも、医療分野への意気込みの高さが感じられた。

同社はヘルスケア事業として従来から、医療現場でのさまざ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

日経BPの関連記事

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]