陳守仁氏「故郷中国、少しずつ民主的になろうとしている」
アジアひと未来

2016/3/16 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

米コーチのかばんやラルフローレンのセーターなど欧米の有名ファッションブランドの製品を受託生産する香港の聯泰控股(ルエンタイ・ホールディングス)。創業者の陳守仁(タン・シューリン、85)会長は中国や東南アジアを転々としながら様々な苦難を乗り越えて事業を大きくした。戦後のアジア発展の歴史とともに歩んできた人生を振り返ってもらった。

――1948年、18歳で故郷の中国福建省を離れてフィリピンに移住した…

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

リム・グアンエン マレーシア・ペナン州首相

アイサ・ミヘーノ フィリピンの塩ランプ考案者

李玉鼎 台湾・金車グループ社長

オリビア・ラム ハイフラックスCEO

ラグラム・ラジャン インド中銀総裁

李娜 元テニス選手 

アジアひと未来 第1部をまとめよみ

電子版トップ



[PR]