/

この記事は会員限定です

VR・AR機器市場、2025年に最大12兆円超に

新・産業創世記 難題に挑む

[有料会員限定]

コンピューターグラフィックス(CG)や映像を目の前にあるかのように浮かび上がらせるバーチャルリアリティー(仮想現実=VR)技術。現実の光景に様々なデジタル情報を重ね合わせて表示する「拡張現実(AR)」と合わせて市場成長性に期待が高まる。

安価な対応端末の登場が市場をけん引する。米フェイスブック傘下のオキュラスVRが予約受け付けを始めたゴーグル型端末「オキュラス・リフト」の価格は1台599ドル(約6...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り240文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン