/

この記事は会員限定です

狙うはIoT機器 10m先から20個同時に無線給電

[有料会員限定]
日経エレクトロニクス

KDDIは、米国のベンチャーOssia(オシア)と共同で、室内に点在する複数の機器に対して同時に電力を供給できるワイヤレス給電技術「Cota(コータ)」を開発した。理論的に「送電装置から10mほど離れた複数の端末に、それぞれ最大1Wを供給できる」(Ossiaの説明員)という。受電端末が動いても、給電可能とする。同技術を携帯電話機やウエアラブル端末の他、スマートロックやサーモスタットをはじめとするI...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1611文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン