2019年9月20日(金)

世界の貧困人口、半分はサブサハラ 人口増が壁に
新・産業創世記 難題に挑む

2016/3/1 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

世界銀行によれば1日1.9ドル(約215円)未満で暮らす人々の数は2012年に8億9600万人。世界人口の12.7%にあたる。16億人を超えていた02年からは大幅に減少したが、貧困根絶にはほど遠い。

1990年には世界の貧困人口の半分は東アジアだった。現在はサブサハラと呼ばれるサハラ砂漠以南の地域が最大で、全体の4割を占める。中国は改革開放政策で自ら経済成長を遂げて所得向上を図ったが、サブサハラ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。