時間切れだったコスト協議 「新国立」迷走の教訓

(1/3ページ)
2016/3/16 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他
 白紙撤回となった、英国の建築家ザハ・ハディド案による新国立競技場の旧整備計画について、日経アーキテクチュアは文部科学省の検証委員会によるヒアリング記録の全文を入手。当事者の証言から、空転した実施設計の実態が明らかになった。

2015年7月17日に白紙撤回された新国立競技場の旧整備計画。国際デザイン競技の段階で1300億円程度と示された総工費が、2520億円にまで膨らんだことに国民の非難が集まった…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

日経BPの関連記事

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]