/

銀盤ファンタジア フィギュア男子、ジャンプ極めるか総合力で勝負か

プロスケーター 太田由希奈

 今シーズンのフィギュアスケートも残すところあと1試合、世界選手権(3月30日~4月2日、米ボストン)だけになった。2月に開かれた四大陸選手権の男子は2014年ソチ冬季五輪銀メダリスト、パトリック・チャン(カナダ)がフリーで素晴らしいスケーティング技術を見せ、逆転優勝を飾った。シーズン当初から「今季の男子は見ていてワクワクする」と話していたプロスケーターの太田由希奈さんは、この大会で男子の新たな傾向が見えたようだと語った。

四大陸選手権の男子フリーの結果を見て、「納得」したフィギュア関係者は多かったかもしれません。「総合芸術としてのフィギュアスケートが評価されている」ということを証明する、チャン選手の勝利でした。

四大陸選手権で逆転優勝したチャン=共同

これぞ、フィギュアスケート

チャン選手は、ショートプログラム(SP)でトップの金博洋選手(中国)から12.23点差の5位と大きく出遅れました。フリーでは最終滑走でしたが、その前に金選手が4回転ジャンプを4度、ミスなく決めて演技を終えていました。チャン選手の4回転ジャンプは2回のみ。それでも、昔から定評のあるスケーティングは本当に素晴らしく、技術的なミスもなく「これぞ、フィギュアスケート」といえる演技でした。ジャッジも技術面のGOE(演技の出来栄え点)と演技構成点で大きく報いました。

男女のフリーを現地で観戦しました。男子はレベルが高いだけでなく、会場が「非常にいい雰囲気」に包まれていました。1人がミスの多い演技をすると、他の選手がつられるように次々と失敗してしまう試合がありますが、今回はみんなが良い演技をするので「自分ももっとやれる」と気持ちが高まり、すばらしい相乗効果になっていました。

それに対して、ジャッジも的確な点数を出していました。今季はこれまでジャンプが得意な選手が優勢で、スケーティングが上手な選手でもジャンプの難度が低いとなかなか評価されず、苦しんでいました。そうした傾向を、チャン選手が今回のフリー演技で覆しました。誰も大きなミスをしない中での高評価ですから、重みがあります。本人も自信がよみがえったことでしょう。四大陸選手権の男子については、皆さんも「納得」と思えるような順位だったのではないでしょうか。

男子、一段とミスが命取りに

それにしても、男子の試合はミスが命取りというか、大きく順位を落とす原因になりかねない状況になりました。SP2位ながらフリーは5位と、1.74点差で表彰台に届かなかった宇野昌磨選手(愛知・中京大中京高)の演技は、4回転ジャンプでミスがあったとはいえ、全体的には悪くはありませんでした。しかし、他の選手がほぼミスのない演技をしたため、4位になってしまったのです。プログラムに4回転ジャンプはトーループしか入れていない宇野選手は「4回転の種類を増やさないといけない」と策を講じていることと思います。

男子のトップ選手は1つのプログラムで4回転ジャンプを2度以上跳び、しかも複数の種類を入れるのが当たり前になっています。各選手とも持てる技術を最大限に出して勝負してきますから、見ている方は非常にスリリングですね。

2方向に分かれていく可能性も

今後のフィギュア界の新しい傾向も見えたような大会でした。2位に金博洋、3位には閻涵と中国の両選手が入りました。彼らのジャンプは「ジャンプも芸術」と言いたくなるようなものでした。スピードも飛距離もあり、トリプルアクセル(3回転半ジャンプ)などは10メートルほど先まで跳んでいるのではと感じるほどです。難しいエッジワークを多く入れているわけではないのですが、それらを吹き飛ばす勢いがあります。「このような素晴らしいジャンプも芸術だ」と思わせる力がありました。

フリーの演技にミスが出て悔しそうな宇野=共同

フィギュアスケートはこの先、2つの方向に分かれていくのかもしれません。難しい4回転ジャンプを次々こなし、芸術の域までジャンプを極める路線をいくのか。4回転は跳びつつ、スケーティングもスピンもダンスも磨き、総合芸術の王道を目指すのか――。

その点、金選手は両方を追求できる可能性があります。ジャンプだけなら重心が低く、スケートの力をジャンプにつなげられ、1992年アルベールビル冬季五輪銀メダリストの伊藤みどりさんをほうふつさせるような魅力です。今はジャンプに焦点を合わせて練習しているようですが、スケーティング、エッジワーク、スピンにも時間をかけるようになったら、怖い存在ですね。潜在能力の高さを感じました。

中国の選手は今までペアが強く、彼らは積極的に海外まで行って練習をしていました。最近はシングルの選手にもいいプログラムを作っているように思いました。ロシアにジャンプだけ習いにいくようなことは昔からしていましたが、現在はカナダまで行き、ローリー・ニコルさんやデービッド・ウィルソンさんらトップの振付師に依頼しています。それに合わせた衣装も作っているのでしょう。皆さん、すてきなプログラムを滑っていました。

浅田選手らいい手本が身近に

日本選手もかつてはトップの選手が多い海外のスケートクラブへ練習に行くことがよくありました。しかし、現在は以前ほど海外に目が向かなくなってきました。10年近くにわたって浅田真央選手ら世界のトップスケーターが身近におり、すぐそばで良い見本を見られるからです。振り付けのために海外に行く選手はいますが、宮本賢二さんのように評価の高い振付師も国内にいます。さらに、日本スケート連盟が元世界王者のステファン・ランビエルさん(スイス)やジェフリー・バトルさん(カナダ)のように実績があって引退後も指導者・振付師として評価の高いスケーターを招き、合宿をするようになっていることもあります。

日本選手のジャンプの技術が向上したのは、次のような事情があるのかもしれません。米国やカナダではリンクの数が豊富にあり、一度にリンクで練習する人数も少ないので、いくらでもジャンプの練習ができます。「視界に他の選手の姿が入ったから集中できない」と、途中でジャンプを止めてしまう選手も珍しくありません。ところが日本でそんなことをしていたら、練習できる回数が減ってしまいます。

スケートリンク内で跳べる場所が見つかったら必ず跳ぶ、ジャンプの途中で回転を止めない、混雑したリンクで人の邪魔にならないように軸はしっかり締めるなど、必要から生まれた知恵とはいえ、こうしたことが身に染みついているのは日本選手の強みでもあるのです。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン