2019年5月22日(水)

チャレンジ!パラスポーツ最前線

フォローする

車いすマラソン・土田、リオで12年ぶりメダルに挑む

2016/2/29 16:07
保存
共有
印刷
その他

28日に行われた東京マラソンの車いす女子で、土田和歌子(41、八千代工業)が9連覇を達成、9月のリオデジャネイロ・パラリンピック代表に内定した。1994年のリレハンメル冬季を皮切りに、これまで夏冬合わせてパラリンピック6大会に出場、金3つを含む7つのメダルを持つ第一人者は、息子、夫のサポートと共に3大会ぶりのメダルを狙う。

リオ内定条件を5分近く切る好タイムで東京マラソンを制した土田

リオ内定条件を5分近く切る好タイムで東京マラソンを制した土田

リオ内定条件の1時間46分を大きく切る1時間41分4秒でゴールした土田に最初に駆け寄ったのは、小学3年の一人息子、慶将くんだった。土田のマネジメント会社社長を務める夫で、土田が「戦友」と呼ぶ慶樹さんは東京マラソンの一般部門を完走後、祝福に駆けつけた。土田は「家族はチームだと思っている。今後も一丸となって頑張りたい」と優勝インタビューで声を弾ませた。

今大会から国際パラリンピック委員会(IPC)公認となり、海外のトップ選手が参加。スタート直後から、昨季のシカゴ、ニューヨークシティー女王のマクファーデン(26、米国)との一騎打ちになった。車いすマラソンは先行選手を風よけにすると6割ほどの力で走れる。先頭を交代しながら互いにけん制、残り1キロの下りで土田が仕掛け、逃げ切った。土田は「(マクファーデンが強い)上りで離されず、最後の勝負どころで仕掛けたのが功を奏した。地の利もあった」と分析した。

98年長野パラのアイススレッジスピードレースで2つ、2004年アテネ・パラの陸上5000メートルで金メダルを獲得後、結婚と出産を経験。その後は車いすマラソンのトップ選手として活躍、13年に樹立した世界記録(1時間38分7秒)は今も破られていない。

昨年の2つの選考レースはパンクや熱中症で結果を出せなかっただけに、「ほっとした」と土田。アテネを最後にパラのメダルからは遠ざかっており、「車いすと体の一体化を進め、リオに結びつけていきたい」と話した。

(摂待卓)

チャレンジ!パラスポーツ最前線をMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

障害者スポーツコラム

五輪関連コラム

関連キーワード

電子版トップスポーツトップ

チャレンジ!パラスポーツ最前線 一覧

フォローする
MWCCで初優勝を果たした男子日本代表

 車いすバスケットボール男子日本代表が6月8~10日に武蔵野の森総合スポーツプラザ(東京・調布)で行われた国際大会「三菱電機ワールドチャレンジカップ(MWCC)」で初優勝を果たした。2016年リオデジ …続き (2018/6/19)

合宿で練習する日本代表。日本でアイススレッジホッケーの灯を絶やさないためにも、平昌パラ出場は絶対条件だろう

 28日から北海道苫小牧市の白鳥王子アイスアリーナで、2018年平昌パラリンピック最終予選の出場権をかけたアイススレッジホッケーの世界選手権Bプール(2部に相当)が開催される。
 10年バンクーバー・パ …続き (2016/11/24)

女子で16連覇しているオランダの牙城を崩すには上地の活躍が欠かせない

 車いすテニスの国別対抗戦ワールドチームカップが23日から28日まで、東京都江東区の有明コロシアムと有明テニスの森公園で行われる。健常者テニスの国別対抗戦であるデビスカップ(男子)やフェドカップ(女子 …続き (2016/5/21)

ハイライト・スポーツ

[PR]