/

「凡事徹底」…DeNA・ラミレス監督の意外な素顔

おどけた調子のコメディアンが、シリアスな映画やドラマに起用された途端、役者も真っ青の迫真の演技を見せることがある。その時、観客は初めて彼がプロとしてコメディアンを演じていたことを知る。DeNAのアレックス・ラミレス新監督もそんなプロの一人だったようだ。陽気なキャラクターとパフォーマンスでファンを喜ばせた現役時代からがらりとイメチェン。地道な「ボンジテッテイ(凡事徹底)」をスローガンに掲げ、こまめにメモを取りつつ、身の丈に合わせた守り重視のチームづくりを進めている。

ベンチから捕手へ1球ごとにサイン

2月13日、沖縄・浦添で行われたヤクルトとの練習試合。1球ごとにベンチを見つめる新人捕手・戸柱恭孝の視線の先にラミレス監督がいた。耳たぶ、鼻、帽子のツバと動く右手。出していたのは配球のサインだ。

「コーチとは相談せずに決めている。これまでDeNAのバッテリーは内角を攻め切れていなかったから」とラミレス監督。光山英和バッテリーコーチは「ベンチも一緒に配球を考えようという発想。お互いの意図が一致し、捕手自身がポンポンとサインを出せるようになれば、監督の指示も減るだろう」と話す。

昨年のDeNAは球宴前まで首位を走りながら、終わってみれば最下位に沈んだ。得点は優勝したヤクルトに次ぐセ・リーグ2位の508だったが、守りのほころびが大失速を招いた。その象徴がバッテリーミスだ。捕逸はリーグワーストより1つ少ないだけの11。暴投は次に多い阪神を26も上回る68を数え、プロ野球ワースト記録に並んだ。記録上は投手のミスでも、捕手が止められるワンバウンドをそらす場面も多かった。

ベンチによる配球指示には、捕手の仕事の優先順位が明確に表れている。ラミレス監督はキャンプイン前から「捕手に求めるのはワンバウンドのブロックと強肩。打撃、野球IQは求めない」と言い続けてきた。捕手陣は昨季いずれも60~70試合前後に出場した高城俊人、嶺井博希、黒羽根利規に新人の戸柱が競い、飛び抜けた存在は見当たらない。キャンプではワンバウンドを胸に当てて素早く拾う練習や、捕球からのスローイングを繰り返した。高城は「みんなの意識がかなり変わった。技術的にも向上している」と手応えを語る。

緻密で理知的な面にフロントは期待

捕手にすれば、最大の職権であり、醍醐味でもあるリードに介入されるのは複雑だろう。だが野手出身監督による配球が、バッテリーに新たな視点を提供しているのも確かなようだ。

13日のヤクルト戦に先発した左腕の砂田毅樹は振り返る。「バッテリーでは投手の良さを引き出すことばかり考えて組み立ててきたが、監督は打者にとって嫌な球を選ぶ傾向がある。例えば下位打線のイニングは直球一辺倒。それでもあっさりと打ち取れて、こういう選択肢もあるんだな、と。監督の考え方を理解して、バッテリーで配球を決めるときにも生かしたい」

紅白戦でラミレス監督と"対決"した主砲の筒香嘉智は「しつこいリードという印象。打者目線でいろいろ読んでも、さらに違う球が来ることも多い」と話した。現役時代、相手捕手のリードを熱心に研究して外国人初の2000安打を放ったのがラミレス監督。その面目躍如といえようか。

昨年まで指揮を執った中畑清前監督は持ち前の明るさでファンの心をつかみ、観客増にも貢献した。ラミレス新監督という選択は中畑路線の継承とも思えたが、DeNAの池田純球団社長は「そうではない」と言う。「明るさやファンサービスで中畑さんを超えるのは難しい。それに昨年最下位の現実も踏まえ、チームとして方向性を変える必要もあった。DeNAで4番を打っていたころから、ラミレス監督には緻密で理知的なところがあった。一般的なイメージとは違うかもしれないが、我々が期待したのもそこの部分」。監督要請に先立ち、球団は何度か面談の場を設けている。「チームの様々な課題に対し、現実的なアプローチを理路整然と語ってくれた。そのコミュニケーション力も決め手になった」と言う。

「キャンプは60点」辛口の自己採点

球団幹部を説得したコミュニケーション力は選手に対しても発揮されている。1月4日、ラミレス監督は山口俊に直接電話し、開幕投手を任せる旨を伝えた。昨年3勝に終わった右腕に対する異例の待遇の意図をこう語る。「彼は柱になってほしい投手だから、良い関係を築きたかった。自分の立場や役割が分からないまま、キャンプに来てもらいたくなかった」。体格にも素質にも恵まれた28歳の伸び悩みの一因が精神面にあるのはよく指摘されるところ。「競争に勝て」「結果を出せ」というのではなく、無条件の信頼と期待を伝えることが大器を覚醒させる可能性はある。山口は新球「ワンシーム」も武器に、実戦で結果を出し続けている。

沖縄・宜野湾のキャンプでは、走者をおいたときのサインプレーや挟殺プレー、重盗防止など投内連係にも時間をかけた。打ち上げの2月26日、ラミレス監督が出した自己採点は60点。「ボンジテッテイの継続性に欠ける」のが辛口の理由だ。

「取れるアウトをしっかり取ろう」というラミレス監督が目指す野球をゴルフに訳せば「OBを打つな」「池に入れるな」「3パットはするな」ということ。ただ、言うはやすく行うのは難しいのが「凡事徹底」で、実戦では相変わらず守備のミスも出る。プレーの精度向上は引き続き課題となるが、豪快なドライバーショットやピンに絡むスーパーショットを連発しろというのに比べれば、はるかに実現できそうな目標でもある。

(吉野浩一郎)

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません