/

この記事は会員限定です

芳林堂書店、倒産の教訓 もたれ合いが共倒れを生む

帝国データバンク・藤森徹

[有料会員限定]

取引先と緊密な信頼関係を築くことは、企業成長のポイントの1つだ。しかし、それが過度のもたれ合いになったとき、共倒れのリスクを抱えることになる。2月に相次いで経営が行き詰まった太洋社(東京・千代田)と芳林堂書店(東京・豊島)は出版不況の深刻さと同時に、依存度が高くなりすぎる危うさを示している。

相次ぐ取次の経営破綻

出版業界では、取次4位だった栗田出版販売(東京・千代田)が2015年6月、負債13...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1554文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません