2019年1月24日(木)

南シナ海ミサイル危機、「習・オバマ陽光会談」今や昔 編集委員 中沢克二

(1/2ページ)
2016/2/24 3:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

中国は、ごく最近、南シナ海のパラセル(西沙)諸島ウッディー島(永興島)に長距離地対空ミサイル「紅旗(HQ)-9」を配備した。これは衛星写真で確認され、台湾の国防部も「把握している」とした。

米メディアによれば、海岸線に少なくても8基の地対空ミサイル発射台とレーダーシステムの配備が確認できたという。パラセル諸島の領有権を主張するベトナムにとっても看過できない事態だ。

「軍事拠点化はしない」。中国国…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報