メジャーリポート

フォローする

大リーグ、日本選手所属チームの今季を展望
スポーツライター 杉浦大介

(1/3ページ)
2016/2/22 6:30
保存
共有
印刷
その他

米大リーグは春季キャンプの季節を迎え、選手たちがフロリダ、アリゾナ両州のキャンプ地に集まってきている。2016年はどのチームが勝ち上がり、どのような新しいスターが生まれるのか。今回は日本選手が所属するチームをピックアップし、その行方を展望していきたい。

ヤンキース

過去3年連続でプレーオフ未勝利と苦しむヤンキースはオフの間、フリーエージェント(FA)での補強ゼロと大きく動かなかった。それでも、トレードで新たな抑えの切り札としてアロルディス・チャプマン、二塁手の穴埋めとしてスターリン・カストロを獲得。87勝を挙げてワイルドカードを獲得した昨季に続き、プレーオフ争いができる戦力が整ったといっていい。

9回あたりの奪三振率で昨季メジャートップ3だったチャプマンをはじめ、デリン・ベタンセス、アンドリュー・ミラーのブルペン3本柱は脅威。アレックス・ロドリゲス、マーク・テシェイラ、カルロス・ベルトランらベテランが健在ならば、リーグ2位の764得点をマークした昨季に近い得点力が今季も発揮できるはずだ。

ただ、そんなチーム内で最大の不確定要素といえるのが、故障明けの選手が多い先発投手陣だ。

田中将大は一昨年の右肘靱帯部分断裂の影響への不安は消えず、昨季終了後には右肘の骨片を除去する手術も受けた。右上腕と肩に古傷を抱えるマイケル・ピネダは4年続けて故障者リスト入り。ネイサン・イオバルディは右肘の炎症で昨季最後の3週間は登板できなかった。元エースのCC・サバシアに至っては、昨季プレーオフ前日にアルコール中毒を矯正するための施設に入ってしまった。

2年目のルイス・セベリーノにはさらなる成長が期待できるものの、残りの先発投手陣は計算が立ちづらい。彼らが安定して6回あたりまで投げてくれれば、ブルペンの充実したヤンキースは怖い存在になる。その一方で、特に田中、ピネダが再び故障して離脱するようなら、シーズン中に厳しいやり繰りへと追い込まれかねない。

レッドソックス

2年連続で地区最下位という低迷から脱しようと、昨夏に野球運営部門のトップに就任したデーブ・ドンブロウスキーの新たなチームづくりが始まった。

オフはFAでデービッド・プライス(昨季18勝5敗、防御率2.45)、トレードでクレイグ・キンブレル(過去5年連続39セーブ以上)という大物を補強。ムーキー・ベッツ、ザンダー・ボガーツといった自前のスターも育ってきている。

まだ実績ある先発投手が欠けている印象もあるが、全体的に攻守のバランスは良好。今季限りでの引退を表明したデービッド・オルティスの最後の1年に、地区優勝を争うだけの地力は備わっていると見ていいだろう。

上原浩治、田沢純一という2人の日本人リリーフ投手も再び重要な役割を担うことは間違いない。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 次へ

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

保存
共有
印刷
その他

大リーグコラム

電子版トップスポーツトップ

メジャーリポート 一覧

フォローする
コール(左)が入団会見で袖を通したヤンキースのピンストライプのユニホームの右胸にはナイキのロゴが入っていた=APAP

 買い物をしようと、ナイキの直営店「ナイキタウン」を訪れたその人は、店に入って商品を見ていると、突然、店員から声をかけられた。
 「○○さんですか?」
 「そうです」とうなずくと、相手がにっこり笑う。
 「 …続き (1/6)

大リーグで過去5年連続で2桁勝利を挙げているバウアー。11月末に来日した=APAP

 過去5年連続で2桁勝利を挙げ、2018年はピッチャーライナーを右足首に受け、骨折していなければサイ・ヤング賞(最優秀投手賞)を取れたであろうトレバー・バウアー(レッズ)の来日は、二転三転した末に、よ …続き (2019/12/30)

アストロズからFAとなったコールはヤンキースと投手史上最高額で契約合意に達した=共同

 「君は私たちにとっての“白鯨”なんだ」
 ゲリット・コール投手の獲得交渉の際、ヤンキースのブライアン・キャッシュマン・ゼネラルマネジャー(GM)はコール本人にそう告げたという。エイハブ船長が巨大なモビ …続き (2019/12/16)

ハイライト・スポーツ

[PR]