/

この記事は会員限定です

期末の株式市場、見えざる手は動くか

編集委員 北沢千秋

[有料会員限定]

世界景気や原油安、円高懸念など、市場を覆う不安の霧は濃く、株式相場はまさに一寸先がみえない状況が続いている。オイルマネーが中心とみられる海外投資家の売りも止まらない。だが、この株価水準で年度末を迎えては、何かと具合が悪い向きは多そうだ。3月末に向けて安倍政権は何らかの株価対策を打ってくるはず――。市場の一部では、そんな観測が浮上している。果たして期末にかけて官製相場は復活するのだろうか。

息絶え絶えの「市場のクジラたち」

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2561文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン