ゲノム編集とiPSが両輪 気鋭が筋ジスに挑む

(1/2ページ)
2016/2/24 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他
 急速に普及し始めたゲノム編集の応用分野として期待が高いのは、従来の技術や医薬品では難しい病気の治療だ。海外に比べて出遅れているとされる日本だが、じつはゲノム編集は再生医療などでの活用が期待されているiPS細胞との相性がよい。ゲノム編集とiPS細胞を組み合わせ、若手研究者が筋ジストロフィーや心筋症などの治療に道を開く成果を出している。

京都大学iPS細胞研究所(CiRA)の堀田秋津主任研究員らは2…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]