/

この記事は会員限定です

ゲノム編集とiPSが両輪 気鋭が筋ジスに挑む

[有料会員限定]
 急速に普及し始めたゲノム編集の応用分野として期待が高いのは、従来の技術や医薬品では難しい病気の治療だ。海外に比べて出遅れているとされる日本だが、じつはゲノム編集は再生医療などでの活用が期待されているiPS細胞との相性がよい。ゲノム編集とiPS細胞を組み合わせ、若手研究者が筋ジストロフィーや心筋症などの治療に道を開く成果を出している。

京都大学iPS細胞研究所(CiRA)の堀田秋津主任研究員らは2...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2075文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン