/

この記事は会員限定です

シャープ「巨額買収」狙う鴻海の裏事情

大槻智洋 TMR台北科技

[有料会員限定]
 総額7000億円ともいわれる巨費を準備し、経営再建中のシャープと買収交渉を進めている台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業(Foxconn:フォックスコン)。2015年の売り上げが15兆円を超える巨大EMS(電子機器の受託製造サービス)を一代で築いた郭台銘(Terry Gou)董事長は、なぜシャープの買収にこだわるのか、そして真の狙いは何なのか…。記者時代から鴻海の動向を10年近く追い、郭氏への取材経験も豊富なTMR台北科技の大槻智洋氏に解説してもらう。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3132文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン