到来「VR元年」 低価格化でプロ御用達を卒業
建設ITジャーナリスト 家入龍太

(1/3ページ)
2016/3/7 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他
 建物や街並みなどの3D映像を、まるで現実のように体験できる「バーチャルリアリティー(VR:仮想現実感)」。この技術がいよいよ一般に普及し始め、2016年は「VR元年」になるとの声もある。VRはこれまでは道路や機械設計などプロ用のツールだったが、最近では不動産業や結婚式場などのプロモーションにも使われ始めている。

三菱地所グループは、住宅・オフィスの営業現場で高画質VRの活用を2015年10月から…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

日経BPの関連記事

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]