/

この記事は会員限定です

Innovator's Story 医者だからできる迫真のCG 東大理III出身の異才

[有料会員限定]
 自分の好きなことを趣味程度に楽しむのが凡人。本物の異才は違う。これでもかというほどの情熱を注ぎ、理想を追求するための知識と技能を身に付ける。サイアメント(東京・文京)の瀬尾拡史社長(30)がその一人だ。きちんとした科学知識に基づいた3次元CG(コンピューターグラフィックス)を作る――。そのために、難関の東京大学理科III類に進み、医師免許も取得した。専門の知識に裏付けされた正確さと同時に、美しく、分かりやすく科学を映像化する。その実力は世界も認める(以下、敬称略)。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3970文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン