/

この記事は会員限定です

2歳迎える格安スマホ 大手の脅威へ着々と成長中

ジャーナリスト 石川 温

[有料会員限定]
 端末に通信サービスを組み合わせた「格安スマートフォン(スマホ)」をイオンが発売して約2年。サービスを提供するMVNO(仮想移動体通信事業者)は爆発的に増え、ヒット商品番付や流行語にもたびたび登場して注目を集め続けてきたものの、NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクといった大手携帯電話会社(キャリア)に比べるとまだまだ圧倒的に少数派だ。だが、大手の独壇場だった「音声電話かけ放題」のサービスも登場するなど、「格安スマホでは無理」という状況は確実に減ってきている。その成長ぶりに、最近ではグループをあげて対抗策を打ち出す大手も出てきており、携帯業界の地殻変動は着実に進んでいる。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3006文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

モバイルの達人

最新スマホの最速レビューから、最新技術動向、スマホを巡るビジネスの裏側など業界を知り尽くす「達人」がお伝えします。動きの早いモバイル業界の「次を読む」ためのヒントが満載。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン