/

この記事は会員限定です

緊急事態条項巡って波立つ「お試し改憲」論

編集委員 清水真人

[有料会員限定]

憲法改正論議が波立ってきた。首相の安倍晋三は9条にも触れて改憲への「挑戦」をちらつかせる。自民党は世論の理解が得やすいとみる項目からの「お試し改憲」を模索。有事や大災害時に内閣に権限を集中するなどの緊急事態条項の新設に的を絞る。テロに揺れるフランスの改憲も横目に、憲法学者らも加わって論争が熱を帯びてきた。

緊急事態宣言の憲法明記、フランスで動き

「我々の憲法を守れ。国籍剥奪条項も緊急事態条項も要らない!」

これは日本の話ではない。10日に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3040文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン