米政府、サイバーセキュリティー対策に190億ドル

2016/2/10 23:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

米ホワイトハウスは現地時間2016年2月9日、サイバーセキュリティー対策の新たなプラン「Cybersecurity National Action Plan(CNAP)」を発表した。政府外部の有識者などで構成する委員会の設置や、190億ドルの予算確保などが含まれる。

オバマ大統領は、2017年度の予算教書を同日公表し、サイバーセキュリティーを国家安全対策の最優先課題の1つとすることを強調。CNA…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]