直嶋正行氏「指示は『政治的メッセージでいい』だった」
(2月14日付朝刊 日曜に考える・政界面関連インタビュー)

2016/2/14 3:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

民主党が大勝して政権交代を果たした2009年の衆院選。マニフェスト(政権公約)では子ども手当や農業の戸別所得補償などの目玉政策を掲げ、財源は予算の無駄減らしや特別会計の「埋蔵金」などを充てるとした。しかし、その実現性は政権発足時から疑われ、3年半の政権運営の足かせとなった。党政調会長として作成に携わった直嶋正行氏に当時の状況を聞いた。

■「小沢氏に言われると、そういうものかもしれないなと」

――当…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]