/

この記事は会員限定です

志賀・革新機構CEO「シャープ出資、あきらめてはいない」

[有料会員限定]

経営再建中のシャープが、台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業による買収提案の検討に入った。それまで有力とされた官民ファンド、産業革新機構は今後どう動くのか。8日取材に応じた革新機構の志賀俊之会長兼最高経営責任者(62)に聞いた。

――シャープの決定をどう評価しますか。

「個人的にはとてもフェアなプロセスが進んでいると思う。我々もきちんと手順を踏み、透明性を持たせつつ交渉してきた。先方の経営陣と取締役会...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2572文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン