/

この記事は会員限定です

スマホ、新たな「0円」競争 大手揺さぶる格安SIM

[有料会員限定]

安倍晋三首相の鶴の一声で始まった携帯電話料金の値下げ議論。携帯大手はソフトバンクが月4900円と従来より25%安いプランを発表し、NTTドコモは家族向け割引を拡充するほか、端末の「実質0円」販売をやめるなど対応を急ぐ。低料金で先を行く仮想移動体通信事業者(MVNO)も、財布に優しい格安SIMを充実させている。

基本料「0円」

興味深いのはソネットが始めた新サービス「0(ゼロ)SIM」だ。通話がで...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り772文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン