/

この記事は会員限定です

携帯電話料金は本当に下がるのか

編集委員 関口和一

[有料会員限定]

携帯電話の割高な料金が家計を圧迫しているとして、安倍晋三首相が高市早苗総務相にゼロ円端末の廃止と通信料金の引き下げを要請してから5カ月がたちました。携帯電話の料金政策に首相自らが言及するのは異例のことで、総務省の要請に従い、NTTドコモ、KDDI(au)、ソフトバンクの携帯大手3社は早速、値段の安いプランを発表しました。総務省はさらに有識者による検討会の議論を踏まえ、携帯端末価格や通信料金プランを...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3911文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン