2019年1月17日(木)

女性の建設業イメージ、「男社会」が7割

2016/2/7 3:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

建設業で女性の活躍が期待された例は過去にもある。一般社団法人「土木技術者女性の会」会長を務める東京大学の桑野玲子教授によると、1985年に男女雇用機会均等法が成立したころが最初だ。次いで、90年代前半に「3K(キツイ、汚い、危険)」という言葉が出始め、男性も避けるようになった際、業界のイメージアップを狙って女性の採用機運が高まった。だが、「男社会」という業界体質に女性就業者の割合が大きく上がるこ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報