フィリップス社長「ネットと医療一体化し、ヘルスケア革新」

2016/2/2 3:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

フィリップス(オランダ)にとって創業125年目の今年は大きな転機だ。祖業の照明部門を分離し、医療・健康のソフトからハードまで手がける総合ヘルスケアビジネスに活路を見いだす。大胆な再編を突き動かしたのはIoT(モノのインターネット)、人工知能(AI)など技術の普及だ。フランス・ファン・ホーテン社長に業界展望と自社の戦略を聞いた。

――ヘルスケアシフトを鮮明にしています。

「一般消費者とプロの間を橋…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]