トヨタとホンダが救急自動通報、事故被害状態を予測

(1/2ページ)
2016/2/29 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

トヨタ自動車とホンダは特定非営利法人(NPO法人)「救急ヘリ病院ネットワーク(HEM-Net)」などと共同で、交通事故における乗員の救命率を高めることを目指した救急自動通報システムの試験運用を2015年11月に開始した。事故発生時の車両データを利用して被害の状態を予測し、ドクターヘリの出動を迅速に判断できる。

日本の救急通報システムには、日本緊急通報サービスが2000年から提供している「ヘルプネ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]