/

この記事は会員限定です

砂糖、甘い復権の夢 敵は安値か健康志向か

商品部 町田知宏

[有料会員限定]

年々減少する国産砂糖の消費に、逆転の道が開ける可能性がにわかに浮上している。環太平洋経済連携協定(TPP)の合意を受け、政府は製糖会社が負担している調整金を減らす方針を固めた。国産砂糖の価格競争力の向上につながれば、製糖会社には需要を回復させるチャンスになる。ただ、夢は膨らむが、現実はそう甘くはなさそうだ。

「『加糖調製品を糖価調整法に基づく調整金の対象にする』という政府の方針決定は画期的だ」。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1510文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません