2019年8月23日(金)

着実に広がる「広告ブロック」 10年で5億超え

2016/1/28 6:30
保存
共有
印刷
その他

VentureBeat

サイトの広告を非表示にするソフト「アドブロックプラス」は22日、ダウンロード件数が5億に達したことを明らかにした。丸10年でこの節目を迎えた。くしくも、ウラジミール・パラント氏が米モジラ財団のブラウザー(閲覧ソフト)「ファイアーフォックス」向けに「アドブロックプラス0.6」を開発したのが2006年の同じ週だった。

■5000万人以上が利用中

アドブロックプラスがアクティブユーザー数ではなく、ダウンロード回数を強調している点は重視すべきだ。同社は最新のアクティブユーザー数を明らかにしなかった。

入手できる最新データによると、アドブロックプラスのアクティブユーザー数は5000万人を超えており、やはり人気の高い別の広告ブロックソフト「アドブロック」も4000万人以上に上る。どちらも多様なプラットフォームで使えるため、こうした数値は様々な種類の機器に及んでいることに注意すべきだ。

アドブロックプラスは22日、ダウンロード数が5億件に達したのを機に、この10年の歩みを振り返った。最も興味深いのは草創期だ。

アドブロッカーを最初に開発したのは、ヘンリック・アーステッド・ソレンセンという人物だった。だが、IT(情報技術)関係者以外にはあまり支持されず、このコードはやがて見向きもされなくなり、数人の開発者を転々とした。ウラジミール・パラント氏が06年にコードを書き換えるまで、改良に腰を据えて取り組んだ人はいなかった。

パラント氏は「アドブロックを速やかに改良し、最高の拡張機能にできると思った。そして、これを成し遂げた」と説明。「思い通りというわけではなかったが、こうしたプロジェクトでは常に何かしらすべきことがある。10年たった今でもこれにかかりきりだ」と語った。

ウエブブラウザ「クローム」用に「アドブロック プラス」をインストールする画面

ウエブブラウザ「クローム」用に「アドブロック プラス」をインストールする画面

アドブロックプラスを提供するドイツのアイオーは、今や17カ国から49人の社員を抱える。同社は広告ブロックツールのメンテナンスに加え、広告を選択的にブロックする「アクセプタブル・アド(受け入れられる広告)」という活動を運営している。押しつけがましくない広告(その「ホワイトリスト」には現時点で700以上登録されている)がブロックを通り抜けられるようにすることで、利用者と広告主との妥協点を見いだすのが目的だ。

アイオーはこの機能をオンにしている利用者の割合を公表していないが、ホワイトリストは広告業界に興味深い影響をもたらしている。それでもなお、アドブロックプラスはパソコン(ファイアーフォックス、クローム、オペラ、サファリ、インターネットエクスプローラー)とモバイル(アンドロイド、iOS)で計5000万人の利用者を抱えており、広告業界が無視できないほど広く浸透している。ダウンロードが10億件に達するまでに、10年もかからないだろう。

By Emil Protalinski

(最新テクノロジーを扱う米国のオンライン・メディア「ベンチャー・ビート」から転載)

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。