/

この記事は会員限定です

ノバルティスが吸入器をIoT化、服薬を「見守る」

[有料会員限定]
日経テクノロジーオンライン

ノバルティス(スイス)は、米Qualcomm Lifeと提携し、COPD(慢性閉塞性肺疾患)治療薬の吸入器の"IoT化(モノのインターネット化)"に取り組む。吸入器にセンサーを内蔵し、患者の服薬状況や服薬時間といったデータを収集。患者の服薬管理を支援する。飲み薬に比べて「吸入タイプの薬剤は服薬し忘れる患者が多い」(ノバルティス日本法人のノバルティス ファーマ)ことに対応する。2019年に発売予定だ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り313文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン