/

この記事は会員限定です

「ダイナブック」の転落 パソコン3社統合の行方

[有料会員限定]

「ダイナブック」という名に郷愁を感じるオールドITファンは多いだろう。かつて世界を制したラップトップパソコンの転落は、東芝会計不祥事の伏線だった。昨年12月に表面化した、富士通、VAIOとのパソコン3社統合交渉に光は差すのか。

3社交渉のキーマン

「パソコン3社 事業統合」。日本経済新聞がこう報じたのは昨年12月4日。それ以来、東芝、富士通、そしてソニーから独立したVAIO(長野県安曇野市)の各社は沈黙を保っている。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り4331文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン