/

この記事は会員限定です

法隆寺に次ぐ「木造世界一」認定、南陽市文化会館

[有料会員限定]
日経アーキテクチュア

2015年10月6日にオープンし、耐火木造の大型公共施設として話題を呼んでいた南陽市文化会館(山形県南陽市三間通430-2)が、「最大の木造コンサートホール」としてギネス世界記録に認定された。認定数値(座席数)は 1403席。2015年12月21日に記録が正式認定されたことを受け、2016年1月21日に同会館で認定証授与式が行われた。

なぜ木造なのか。

南陽市は、築45年の鉄筋コンクリート(RC)...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1395文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン